短期間、ローコスト
コールセンターが実現するハイブリッドサービス

AI service

AIサービス



 

AI FAQ サンプルはこちら


【阿波おどりAIコンシェルジュ】

(徳島県の阿波おどりに関するお問い合わせ窓口として、2017年7月27日 ~ 8月16日の期間で開設)


 

FAQ応答エンジン ロボコ FAQ
RoBoCo FAQ

サービス概要

自然言語処理を用いた対話型AI FAQシステムです。自然な発話でシステムに問いかけることで、必要な情報を一問一答形式で回答してくれます。また、Excelシートを利用してQAデータ作成を行うため、誰でも簡単に対話型のコンテンツを作成することができます。

このような利用シーンでお役に立ちます

 

自社内問い合わせに対する業務効率化 お客様問い合わせサイトの問題解決率向上
同じ質問や問い合わせに毎回膨大な時間を割く、
そんな問題を解消致します

【利用例】
人事総務・ITなど社内外からの問い合わせに
対するヘルプデスク機能として
定型のFAQでは解決しきれていないお問合せも
フレキシブルで柔軟にAIが対応していきます

【利用例】
QAサイトのAI化によるコンシェルジュ機能への進化

 

属人化しているナレッジの共有 海外展開もスムーズに
よくある質問・お問合せ、又固有な応対シーンに
おいてもオペレータが迷うことなく応対できるよう
AIがガイドラインを提示します

【利用例】
社内ナレッジシステムとして多種の情報を整理。
個の持つ情報を全体集約してリアルタイムに活用。
海外拠点でのAI対応も可能に。
多言語対応のAIに加え多言語コールセンターの
ノウハウを用いて高い品質のハイブリッド
サービスを提供致します

【利用例】
海外拠点に向けたヘルプデスクとして活用。
国内でのQAも多言語で回答が可能。

 


社内問い合わせ業務

感覚的に利用できるユーザーインターフェース

 

IT技術の革新が進み全国的に働き方改革の機運が高まるなか、業界や職種を問わず業務の効率化と成果の拡大を同時に実現する創造的な働き方が求められています。しかし、現状ではちょっとした調べものや電話連絡など単純な確認作業に追われて本来の業務に専念出来ない環境にあるという方が多いのではないでしょうか。テレコメディアのAI FAQサービスは単純な確認作業や問い合わせ対応を自動化。様々な環境で働く皆さまが貴重な時間を最大限に活用するお手伝いをするサービスです。また、このサービスは一般利用者を対象とした、対外的なFAQシステムとしても利用できます。

 


サービス画面イメージ

RoBoCo FAQ導入によるメリット

 

  • 自動化による人材の有効活用
  • 同時に複数の対応が可能
  • 24時間365日稼働
  • 属人化させることなくナレッジを蓄積
  • 複数部門に跨る内容もまとめて対応可能
  • 社内・社外など用途に沿った構築が可能
  • 他AIサービスとくらべて
      1. 短期間での構築ができる
      2. 導入後の運用が簡単
      3. 多言語対応が可能
      4. 有人チャットのオプションあり

サービスの仕組み


サービスの仕組み

 

※「RoBoCo FAQ」のFAQ応答エンジン「APTWARE」はソフトバンク株式会社の技術を利用しています。


 

サイト内検索エンジン ロボコ サーチ
RoBoCo Search

サービス概要

既存のホームページにサジェスト機能を有する検索ウィンドウを組み込むことでサイト内検索の更なる効率化を実現します。
一般的なWEBサイトでは検索ウィンドウにキーワードを入力して検索をすると検索結果一覧が表示され、更にその中から目的のページを探すという手順が必要となりますが、RoBoCo Searchはキーワード入力中に表示されるサジェストから目的の候補を選択することで直接そのページに移動することができるため、ページを探す手間を省くことができます。
膨大な情報量を有するサイト内においても閲覧者が容易に目的の情報を探し当てることが可能となります。

 

RoBoCo Search

RoBoCo Search の特徴

 

  • 自然言語処理とサジェスト機能を備えた高機能サイト内検索エンジン
  • 簡単な手順でサイト内の任意の場所に組み込み可能
  • 英語・中国語(簡体字)・韓国語サイトにも対応
  • キーワードに対する同義語・類義語の登録により、より高精度な検索が可能
  • サイト内をクローリング(サイト内巡回)して検索に必要なコンテンツを自動的に生成

 

RoBoCo Search

 

※「RoBoCo Search」のサイト内検索エンジン「APTWARE Lite」はソフトバンク株式会社の技術を利用しています。